コンシェルジュ-min_edited.jpg

白鳥路ホテルの

​おもてなし

OUR HOSPITALITY

テーブルの上にウェディングケーキとシャンパンフルート
花カード

Hospitality 01

ハネムーナー

新婚旅行だと事前にわかっているお客様のお部屋に、タオルスワンを用意します。

タオルスワンとは、タオルを使って作る白鳥のこと。2羽作り、向かい合うようにベッドの上に飾り付けをします。

お客様からは「お部屋に素敵な飾りつけをありがとうございました」というお声をいただきました。

サプライズでプロポーズをするお客様のお手伝い

事前にホテルに送ってくださった風船などの飾りを、お客様の要望通りにチェックイン前にお部屋の飾り付けをしました。

チェックアウト後、アンケートとともにお部屋にメッセージがおいてあり、男性、女性ともにお礼のメッセージをいただきました。男性からは「協力していただきありがとうございます。」と、女性からは「良い思い出になりました。お忙しい中たくさんの飾り付け、ありがとうございました。」と喜んでいただけた様子でした。

テーブルの上にウェディングケーキとシャンパンフルート
baggage.jpg

Hospitality 02

お食事処のご紹介

お食事処を迷われているお客様がフロント相談に来られることがあります。まずは、どんなものをお召し上がりになりたいか希望をお伺いし、居酒屋、お寿司、懐石、海鮮、おでん、イタリアン…などお客様の希望に沿ったお店を周辺のお食事処マップを提示してご紹介します。

お店が決まったら予約をしますが、日にちや時間によっては、すでに予約でいっぱいの場合もあり、できるだけ希望に沿ったお店の予約が取れるまで、何店もお電話で確認したり、代替案を出したりしてお手伝いします。

お食事から戻られたお客様が「紹介してくれたお店おいしかったよ。」と言ってくださるとほっとします。また、顔を覚えてくださって自分に向かって感謝の言葉を言ってくださるのはとても嬉しいです。

聴覚障害を持つご夫婦

お二人とも耳が不自由なご夫婦がご宿泊されました。筆談をするための道具を持ってお部屋までアテンドし、聴覚障害をお持ちの方のために事前に準備してある案内パネルを使ったり、その場で出た質問などは筆談も交えたりしながら、お部屋までご案内しました。夕食、朝食、大浴場専用エレベーターなどそれぞれの場所まで付き添い、実際に目で見て確認していただきました。自分がお二人の立場だったらということを常に頭に入れてより丁寧に目を見て説明をしました。初めは不安そうでしたが、お二人とも笑顔になり安心されたご様子で「ありがとう」と何度も言っていただけました。

テーブルの上にウェディングケーキとシャンパンフルート
choshoku-min_edited.jpg

Hospitality 03

朝のご挨拶

お客様の1日の始まりに一番最初に会う場所で働いているので、笑顔で挨拶をしてお迎えすることを心掛けています。「あなたの笑顔で良い1日が始められます。」と声をかけて頂いたことがあり、心掛けていることがお客様の心に届いて嬉しかったです。

 よくいらっしゃるお客様に顔を覚えていただき、「会いに来たよ。」と言ってもらえた事が嬉しく、仕事の励みになりました。

会話での心配り

ご夕食中、サービスをしながらお客様と会話をしますが、会話が弾むように、自分が持つ石川県の歴史や観光名所の知識以外にもお客様のご出身をお伺いしそのご当地のお話などもします。会話が弾むとお食事をより楽しんで頂くことができ、喜んでお話していらっしゃるお顔を見ると嬉しく、とてもやりがいを感じます。